記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

SIM イタリア ヨーロッパ 両替

【2023年】イタリア ローマ フィウミチーノ空港でSIM購入

こんにちは!boaso21です。
この記事ではイタリア ローマにあるフィウミチーノ空港(FCO)でSIM購入できるおすすめのお店を紹介します。(2023年9月現在)

レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港とも呼ばれるフィウミチーノ空港は、ミラノにあるミラノ・マルペンサ国際空港(MXP)と並ぶイタリア最大の国際空港になります。

ローマまでの移動時間

日本からローマは飛行機で約15時間以上のフライトです。
日本からの唯一の直行便は羽田から出ているITAエアウェイズで羽田ーローマ間で約14時55分かかります。
中国や韓国、タイ、シンガポールなどで乗り継ぎ便のフライトだと、約17~30時間以上かかります。

※2023年現在はロシアによるウクライナ侵攻の影響により、最短飛行ルートのロシア上空を飛ぶことが出来ません。
そのため、フライト時間も約2~3時間ほど長いフライトになっています。

ローマまでの航空券代

東京からローマまでの航空券ですが、時期によって変動しますが、ざっくり言っても往復で約15万~30万円はかかります。
所要時間は直行便を除けば、他国経由となるため約17時間~30時間かかってきます。

日本の東京(羽田、成田)からローマに向かう代表的な航空会社をまとめてみました。

日本の航空会社でローマに行く場合

全日空(ANA) 

東京(羽田)⇔ローマ  フランクフルト、ミュンヘン経由 所要時間:約18時間~20時間

★日本航空(JAL)

東京(羽田・成田)⇔ローマ  フランクフルト、ミュンヘン、ヘルシンキ経由 所要時間:約18時間~20時間

海外の航空会社でローマに行く場合

日本から唯一の直行便

★ITAエアウェイズ(ITA)

東京(羽田・成田)⇔ローマ  所要時間:約14時55分  航空券代:往復で約17万~35万円

ヨーロッパ経由

エールフランス航空(AIRFRANCE)

東京(羽田・成田)⇔ローマ パリ経由

KLMオランダ航空(KLM)

東京(羽田・成田)⇔ローマ アムステルダム経由

ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa)

東京(羽田・成田)⇔ローマ フランクフルト経由

ターキッシュ・エアラインズ(THY)

東京(羽田・成田)⇔ローマ イスタンブール経由

アジア経由

大韓航空(Korean Air)

東京(羽田・成田)⇔ローマ ソウル経由

アシアナ航空(Asiana Airlines)

ソウル経由  所要時間:約18時間~30時間

東京(羽田・成田)⇔ローマ ソウル経由

中国東方航空(China Eastern)

東京(羽田・成田)⇔ローマ 北京、上海経由

中国国際航空(Air China)

東京(羽田・成田)⇔ローマ 北京、上海経由

中東経由

★エミレーツ航空(Emirates)

東京(羽田・成田)⇔ローマ ドバイ経由

★エティハド航空(Etihad)

東京(羽田・成田)⇔ローマ アブダビ経由

カタール航空(Qatar)

東京(羽田・成田)⇔ローマ ドーハ経由

直行便でなければ、上記の航空会社を利用してのフライトになると思いますが、どうしても他国経由となり、ローマまで時間がかかります。さらに安めの航空券だとトータル所要時間が25時間以上もかかることも。
2023年現在、コロナが収まっても、円安、燃油サーチャージで航空券代の高騰、物価高のため、ヨーロッパに行くに以前よりもお金がかかってしまいます。

こんな状況だと「やっぱりヨーロッパに行くのは無理!」と考えている方も多いかと思います。
でも、「本当はやっぱりヨーロッパに行きたい」と思う方は多いと思います!

ネックとなるのがやはり航空券代です。も、航空券を安く抑えることができれば、ヨーロッパに行こうと考えませんか!
航空券を安く済ませたいと思う方は中国系の航空会社の利用をおすすめします!

中国系の航空会社はエアチャイナ(Air China)や中国東方航空(China Eastern)がヨーロッパまでの便があります。
どちらの航空会社もフルサービスキャリアのため、機内食、機内エンターテイメントで映画視聴も可能です。

中国の北京や上海、広州経由となりますが、東京⇔ローマの航空券代が往復で約10万円台からと格安で購入できます!
また、ドイツのフランクフルト国際空港やスペインのマドリード国際空港などヨーロッパ各地の航空券も安く購入可能です!

2社の航空会社の東京⇔ローマ間の所要時間、航空券代を内容をまとめました。

中国国際航空(Air China)

東京(羽田・成田)⇔ローマ 北京、上海経由  所要時間:約17時間~35時間  航空券代:往復で約10万~25万円

中国東方航空(China Eastern) 

東京(羽田・成田)⇔ローマ 上海経由 所要時間:約17時間~35時間  航空券代:往復で約10万~25万円

★中国南方航空( China Southern)

東京(羽田)⇔ローマ 広州経由 所要時間:約22時間~27時間  航空券代:往復で約10万~25万円

エアチャイナ(Air China)なら、全日空(ANA)と同じスターアライアンスグループのためANAマイルを貯められます!
中国東方航空(China Eastern)なら、日本航空(JAL)と同じスカイチームグループのため、JALマイルが貯まります!
中国南方航空( China Southern)は現在はアライアンスに属していませんが、日本航空(JAL)と同じスカイチームグループ
に参加するニュースもあります。

ただ、中国系の航空会社を利用するにはちょっと不安な方もいらっしゃると思います。
私も以前は読者の方と同じ考えでしたが、中国系航空会社2社の中でもエアチャイナ(Air China)は最近では、他の方達のブログでも機内食や機内サービスが良くなっている記事を見かけます。私自身も乗ることに不安を感じ、エアチャイナ(Air China)についてネットで調べた過去があります。

もちろん、他の方達のブログによっては機内食がまずい等の記事もありますが、何度もエアチャイナ(Air China)でヨーロッパと日本で搭乗した経験で言えば、結論、アチャイナ(Air China)のサービスは悪くないのです。

エアチャイナ(Air China)についての記事はこちらにまとめています。
実際にエアチャイナ(Air China)に何度も乗っていますので、機内サービス等などの特徴を詳しく書いています。
この機会に利用しようと検討されている方は参考にしてみてください。

フィウミチーノ空港(FCO)でSIM購入する場所はどこか

フィウミチーノ空港(FCO)に到着して入国審査を通過後、SIM購入できるおすすめの場所について解説していきます。

SIM購入前にお読みください。フィウミチーノ空港(FCO)でSIM購入前にやること

円からユーロ(€)の両替

円からユーロへの両替は2023年現在、コロナ禍前と比較してもかなりの円安となっています。1ユーロで約160円台前半で推移しています。

そのため、円からユーロ(€)に両替する場合、イタリアに着いてから両替するとかえって損してしまいますので、日本でユーロに両替をしておきましょう。
東京でユーロに両替する場合、東京でおすすめの両替場所をまとめた記事も参考にしていただき、両替で損しないでイタリア旅行を楽しみましょう!

フィウチーノ空港(FCO)でSIM購入する場所

①入国審査後、荷物受け取りレーン近くにあるお店

入国審査通過後、荷物受け取りレーン近くに2店舗、SIM購入出来るお店があります。

【ボーダフォン】
荷物受け取りレーンに向かう通路にあります。

【ボーダフォン】
こちらもボーダフォン。奥が荷物受け取りレーンになります。近くには両替店もあります。

到着出口を出た近くにあるお店

【TIM】

【ボーダフォン】

イタリアの主要通信キャリアは3社あります。

①ボーダフォン(Vodafone)
②ティム(TIM)
③ウィンドトレ(WINDTRE)

3社の中でおすすめはティム(TIM)です!
3社の料金や容量、使い勝手の良さの比較記事はこちらにまとめてますので参考にしてみてください!

フィウチーノ空港(FCO)での両替について

フィウミチーノ空港(FCO)の両替できるを場所を紹介します。

荷物受け取りレーン近くに1店舗、到着出口付近に数店舗、両替店はあります。
ただ、両替は出来るのですが、日本で両替するより損してしまいますので、おすすめはしません。
キャッシングのほうが両替店より、レートは良いです。到着出口近くにATMがあります!

日本でユーロに両替するのを忘れた場合、追加で両替したい場合に両替してください。

まとめ

 

 

-SIM, イタリア, ヨーロッパ, 両替
-, , , ,